商品をお選び下さい。詳細ページに移動します。

水無瀬島──。離島であり、アクセスの悪さから観光地ともいえないが、

かつて主人公が幼い頃によく遊びに来ていた島だった。
医学部に進学し、勉強漬けの毎日で余裕をなくしていく姿を心配した親からリフレッシュがてら、
夏季休暇を利用して従姉妹に挨拶に行くことを勧められ、主人公は再び島へとやってきた。
脳裏によぎるのは幼い頃に過ごした時間と、本当の家族のように接していた従姉妹のことだった。
幼い頃から綺麗で、自分にもとても優しく本当の姉のように接してくれた水蓮。
お転婆で、自分の後ろをちょこちょこ付いて回っていた妹のような紫苑。
二人はどんな風に成長したんだろうか、と思う主人公は、話に聞いていた姉妹の家へと到着し、

成長した二人と再会を果たす。
あふれんばかりの包容力を示すような女性らしい見事な体つきの美しい女性となった水蓮。
綺麗な少女へと成長しつつも、どこか不機嫌そうな面持ちで、必要最低限の会話しかしてくれない紫苑。
変わらない姉と変わった妹。
戸惑いを感じつつも、主人公のことを待ちわびていたかのような水蓮に薦められるまま、しばらく姉妹が暮らす家で過ごすこととなる。
夏の日差しを浴びながら、この島で過ごす姉妹との時間は、どのようなものになるのか──。

タイトルロゴ.png
logo.png

チカン愛好者たちの集う闇の組織『蛮チカン』
そこでは『触り手』と呼ばれるチカン達が、その猥褻行為を会員たちに向けて動画配信していた。

『蛮チカン』の会員たちは、その過激なチカン動画に興奮し、

『触り手』であるチカンたちへ多額の報酬を投げ込んでいた。
どこか満たされず、暗澹とした日々を過ごしていた無職の青年、草壁 喜壱(くさかべ きいち)。
フリーのチカンである彼は、ある日謎の男『カメオ』から、この組織――『蛮チカン』でチカンを配信しないかとスカウトされる。
チカンは自分自身が愉しむためであり、他人のため、金のために行う事ではないと考えていた喜壱だが、

その高いチカン技術をカメオから称賛された事をきっかけに腕試しとして『蛮チカン』でチカン配信を行う事を決心する。

logo_data.png

生まれてから死ぬまでの一切が制御されている企業城下町。
与えられた日常を疑う『わるいこ』たちは役人を撃ったり女の子を売ったり、
倫理に背く行為による反抗を繰り返していく。
しかしその先に見たものは、より大きな『わるいこと』だった――
稼いだお金を力に変えるハルウラレ系RPG!
テキスト欄が余った! そういう感じで好きに遊ぼう!

title.png

夏のはじまり。北牧台学園2年生。
試験で毎回首位の愛内周太は、はじめてその座を明け渡す。
トップになったのは「有村ロミ」という、ネットで先鋭的な論文を

発表し続ける、謎の少女だった。

そして、周太はロミにある相談をもちかける。
「愛内周太」「有村ロミ」2人の天才の出会いをきっかけに、

はるかな夏の冒険が始まる。

ムチムク横ロゴx2(通販ページ用).png

引っ越しで別れたきりになっていた幼なじみたちとの、

なんと約10年ぶりの再会!!
自分の下宿が、突然、シェアハウス化することになって……
越して来たのがそう、2人とも俺のかつての幼なじみだったのだ。
隣に住む、現・幼なじみも巻き込んでちょっと不思議でエッチでドキドキの共同生活が始まるのだった!!
たわわに発育した女の子たちと……
プチリホームで露呈する下宿の謎……
どう考えても、この夏は、ムクムクHな夏になりそうだ……。

プリンセスハートリンクロゴ.png

『プリンセスハートリンク』
それは、最先端のVR技術とナノテクノロジーを使用していて、

まるで本当にファンタジー世界にいるような体験をすることができる。

いま大流行している最新のMMORPG。
ビジュアルがリアルというだけでなく、手を伸ばせば人や物に実際に触れることができるという、

まさに夢のようなゲーム。
主人公・湊つかさは聖トレア学園1年生の男の子。
生来の人見知りを治そうと一大決心をし、多くの人と交流できると評判の『プリンセスハートリンク』をプレイし始めたばかり。
この世界で、つかさはどのような冒険をして、どのような恋愛をするのだろうか…?

rogo.png

ラウルバーシュ大陸北方に位置するイムニス山脈周辺では、光の勢力である天使軍と、闇の勢力である魔族軍が、領土の支配権を絶えず奪い合っていた。 気が遠くなる程の長い戦争状態の果てに、闇の勢力側は勢いを増し戦況を有利に進めていたが、ある日を境に互いの勢力が均衡状態となる。 ――闇の勢力を統べる「魔王の崩御」という噂が起こった為だ。 嘘か誠か、その報せを受けて魔族軍の統制が徐々に乱れ始める。 その混乱状況を見抜いた天使軍は攻勢をかけ、勢力図は徐々に逆転していく。 しかし、その状況を好機と見る男が新興勢力を旗揚げした―― 過酷な環境である為に、イムニスの大地では滅多に見かけない人間族『クラウス』 元は睡魔であり、何の因果か“人間の身体"に成り代わった酔狂な男であった。 彼はその脆弱な肉体の内側に、元来持ち合わせる睡魔族の能力を秘めている。 色香を巧みに操り、特殊な魔力を用いて他者を支配することが可能な、先天的且つ類い稀な能力を用いて、 クラウスは自己の勢力を拡大し、このイムニスの大地を統べる新たな魔族の王となるべく、 闇の勢力を率いて天使軍殲滅の軍行へ打って出るのだった。